明確な基準が無い?精密機械の基準と種類

日本人は大きな製品では無く、細かく小さな製品を作るのがうまいと言われていますが、それは精密機械が深く関係している可能性があります。
精密機械と言うのは複雑な設定やハードウェア、且つ外的要因を受けやすく、壊れやすい機械を指します。高精度機械と呼ばれる事もあり、繊細な作業を得意としているので日本だけでは無く世界中で使われている機械です。
そんな精密機械ですが、日本で使われ始めたのは1750年代です。この時は綿製品の産業化が始まり、海外を中心に軽工業が発展していました。日本でも精密機械が輸入され、作業の効率化を図り大きな経済効果を与えました。
1800年代になると蒸気機関車が発明され、それに伴い交通が発達しました。蒸気機関車ももちろん精密機械ですし、それをメンテナンスする機械も精密機械でしたが、庶民にはあまりピンと来るものではありませんでした。
1900年第二なると石油や医療が発達するだけでは無く、自動車や航空機、発電など様々な物が発達しました。言うまでも無くこれら全て精密機械を使っているので、この頃から庶民にも精密機械が身近な物になってきました。
それから2000年になるとコンピューター関連の技術やIT革命、更には遺伝子解析が発達し、人々を驚かされました。現代では人工知能やデジタルデータなどの精密機械を作るのが盛んで、無人工場や介護ロボットなどが登場しています。
まだ300年にも満たない精密機械の歴史ですが、今回はその精密機械に触れていきたいと思います。

精密機器の歴史と概要

世界中で使われている精密機械ですが、どんな機械を精密機械と言っているのでしょうか? 実はその明確な基準は無く、複雑な設計やハードウェア、動作をする機械であれば精密機械にカテゴリされます。 また精密機械の種類についても紹介しているので、参考にしてみて下さい。

身近な家電も精密機器?

普段当たり前の様に使っている家電製品ですが、実はこれらも精密機器にカテゴリされます。 家電と言っても様々な種類があるので、どの様な製品が精密機械になるのかを公開しています。中には意外だと感じる製品もあるかもしれませんので、自宅の精密機械を探してみるのも良いです。

精密機械と言えば工作機械

アナタは工作機械と言う言葉、製品を知っていますか?主に製造業や工場で使われる事が多く、その業界にいなければあまり触れる事はありません。 家電同様、工作機械にも多くの種類があるのでそのいくつかをピックアップして紹介しています。高い精度を誇る機械なので、効率よく製品を作り上げてくれます。